バストアップ 左右の胸の大きさ

左右の胸の大きさを揃えながらバストアップするには?

バストは女性らしさの要素を感じさせる部位です。
このため、自分のバストの状態に悩んでいる人がたくさんいます。
代表的なものはサイズの問題ですが、左右の胸の大きさが違うことに悩む人もたくさんいます。
基本的に、左右の胸の大きさが違うというのは当たり前のことです。
ほとんどの人のバストは左右の大きさが違いますし、形も違います。
しかし、この差が大きいというのは大きな悩みとなります。下着を選ぶ際にもどちらのサイズに
合わせれば良いか分らないという人もいますし、恋人ができてもバストを見せるのに躊躇してしまう
という人もいます。また、バストが強調されるような服を着ることが嫌になってしまう人もいますので、
ファッションを十分に楽しむことができなくなってしまうこともあります。
そもそも、何故左右のバストの大きさが違うのかといいますと、
基本的には筋肉の付き方のムラと、日ごろの姿勢が関係しています。
人間というのは日ごろの生活からどうしても利き手を使用する機会が多くなりますので、
自然と利き手側に筋肉が付いてきます。
筋肉が付いた側は脂肪が落ちるのでバストが小さくなるのです。
また、日ごろの姿勢によって引き起こされた体のバランスの乱れによる影響もあります。

左右の胸の大きさを揃えながらバストアップする方法は、バストアップマッサージをおすすめします。
バストアップマッサージによる方法であれば、その他のバストアップの方法とは異なり、
一律に大きくするというものではないので、
バストアップの効果を見ながら揃えていくことができるのです。

バストアップサプリと一緒に摂りたい食材

バストアップ用のサプリを利用しながらも、普段の食事からも栄養を十分に摂取すれば
豊かなバストを作ることができます。胸まわりを大きくするためには、筋肉を増やすこと
が必要になります。筋肉の源となるタンパク質を構成する必須アミノ酸は、
食材から摂取することが理想です。サプリだけでタンパク質を補うよりも、
豊富な食材も食べて摂取したほうがバストアップの効果が高まります。

 

バストアップのために必要となるタンパク質が豊富な豆味噌は、特に注目すべき食材です。
豆味噌は八丁味噌とも呼ばれる発酵食品で、基本的な原料は大豆や塩に加えて水だけとなります。
大豆の比率が極めて高い豆味噌には、女性ホルモンのエストロゲンと共通する働きがある大豆イソフラボンがたっぷりと含まれています。
豆味噌を使った味噌汁を飲んでいれば、バストアップのために必要な栄養をバランスよく摂取できます。
サプリだけでは補えなかった大豆イソフラボンまで摂取できるため、バストアップのための相乗効果が高まります。

 

主婦

大豆イソフラボンが豊富なのは豆味噌だけでなく、納豆や枝豆、豆腐も同様です。

豆乳もバストアップ効果が高いことで注目されていますから、サプリと一緒に摂ることも有効です。
バストアップのためには、ビタミンやミネラルも不足させないようにすることも重要です。
血行を良くすることも大事ですから、ビタミンEが豊富な胡麻を食べることも有効です。
タンパク質やミネラル成分の宝庫の鰹節も、バストアップのために大いに役立つ食材です。

 

関連ページ:エステでのバストアップ効果は?

更新履歴